fc2ブログ

hitomiのたから箱

3年越しの憧れ!秋田駒ケ岳へ・・・行ったらどうなった?

2019年の秋に秋田駒ケ岳、それも
ムーミン谷のお花畑の存在を知り、
「ぜったい来年行く!」
と思ったものの、翌年始まったコロナ禍。

待ちました。
やっと行けました。

6月25日朝4時台に自宅を出て、
こまち1号で田沢湖まで。
バスに乗り換えて秋田駒ケ岳八合目下車です。

IMG_8087a.jpg
11:08

歩き始めはここ。
標高は約1,300m、どっぷり雲の中。

IMG_8098b.jpg
11:42

本格的なお花畑エリアまで、
八合目から1時間ほど登ります。

IMG_8099c.jpg
11:45

雪があることは情報を得ていたので、
寒さを警戒しましたが、それほどでもなく。

それにこの悪天候でも、けっこう人がいて
折々本当に心強かったです!

IMG_8104d.jpg
11:50

片倉岳展望台まで来ました。

火山らしく、ここは真っ赤な地面です。
この赤土の汚れが落ちなくて、
レインパンツの洗濯には手こずりました。

IMG_8106e.jpg
12:17

阿弥陀池近くまで来ると
傾斜は緩やかになり、そして木道が始まりました。

写真の木道脇にポツポツと見えるのが
3年も恋焦がれていたチングルマの群生です。

この辺りから、風雨が強くなってきました。

この先、阿弥陀池の脇まで進むと、
増水したのか、木道のうちの一本はほぼ水の上。

ときどき吹く突風に飛ばされそうになるので、
池側の木道は怖くて歩けません。

そんな中、「もう戻ろうか」と何度も思いましたが、
そのたびに風が弱まるので、迷いながらも前進しました。

IMG_8109f.jpg
12:28

広い地面に到達しました。
この場所で暴風雨もピークに。

近くには長身でがっしりした男性二人が先にいて、
「じゃあ、行こうか」
とスタスタと歩いて行きました。

大柄の男性、うらやまし~!
私も今だけ体重あと20キロ欲しい~!
と思っていました。

map_amida_g2.jpg

後でじっくり考えるに、
避難小屋の近くまで来ていたようです。
でも建物の気配などさっぱり見えません。

もうここで満足です。
来た道を戻ることにしました。

防御の姿勢で中腰になっていても、
転ぶくらいの突風が吹いていました。

わかった、突風が来たら姿勢を低くして、
しゃがめばいいんだ!
と、やってみたけど、しゃがんだまま転がること一回。

吹き飛ばされて何度か木道から落っこちながらも、
もう、もう、歩くしかないのです。

木道が終わり、山道に入ると
途中、道が川のようになっていて、
行きより深さがぐん増していました。
川のようじゃなく、完全に川です。

なんとか脇を歩こうとしたけど
足を乗せた石が動いて左足がどぶんとはまりました。

バックスキンの部分は防水性が高いけど、
合成繊維のベロからサーッと水が入りましたね~。

IMG_8132h.jpg
13:18

さて、下るにつれ徐々に風も雨も弱まってきました。

視界はひどいものですが、
登山道はよく整備されていて、
迷う怖さはまったくありませんでした。
これは実にありがたいことです。
当たり前じゃない、有り難い。ほんとにね。

IMG_8171i.jpg
13:53

やっと舗装道路に下り立ち、
八合目小屋が見えてきました。
バス停はこの一段下です。

IMG_8174j.jpg
13:57

時計も見ずに歩いていたけど、
14:05発のバスに間に合いました。
あ~よかった。

バスは、温泉郷に近いアルパこまくさバス停までは満席でした。
こんな天気でも大人気の秋田駒ケ岳です。

田沢湖駅まで、たまたま隣に座った
同じく関東からのソロ登山者さんと
ああだったこうだった、そうそう!と
ひどい目に合ったことを共有していると、
落ち込む失敗も笑える経験に変えることができました。


実は行きのバスでも、秋田駒ケ岳リピーターさんに
地図を見せてもらいながら、
「花がきれいなのはこの辺から。
この道は勧めない、人があまり通らないの。
ここは急斜面だから、こう迂回するほうがいいんじゃないかしら」
などと、有意義な情報を聞かせてもらえていました。

その方はアルパこまくさで、
「私ここで降りるわ、今日だめだわこれ」
と言っていましたが、本当にそうでしたネー。

お聞きした情報は、次回以降に生かします。
もちろんまた行きますよ!

その後、ホテルにチェックインし、

IMG_8200k.jpg

その日の新聞を開くと
タイムリーすぎて軽くムカッとする記事が。
ええ、濡れましたとも!
今も干してます。


お花は期待通りの素晴らしさだったので、
花については別記事につづく。


<撮影日; 2022年6月25日>


スポンサーサイト



  1. 2022/06/28(火) 19:23:41|
  2. トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江戸桜通りと日銀本店

IMG_8046b.jpg

葉桜の木陰涼しい江戸桜通り。

実は道に迷って、この通りに入り、
わあ!ここなに?きれい!

と、そこいらの道とは違う雰囲気を感じていると、

IMG_8047a.jpg

小奇麗な石の道標が。
あ、有名なところなんだ。

ここは日銀本店の前の通りです。

IMG_8048c.jpg

こちらは本館。明治の建物。

IMG_8050e.jpg

向かって右隣りの3号館。こちらは昭和。
関東大震災の2倍の強さの
地震が来ても壊れないそうです。

IMG_8049d.jpg

道の向かいには貨幣博物館。

そこからさらに進んで、

IMG_8054f.jpg

三井本館。
エンタシスの柱がきれいだわ~。


と、この日も臆面もなくお上りさん的行動。
若い頃は恥ずかしかったお上りさん的行動。
しれっとできるようになった自分が嬉しい。


<撮影日; 2022年6月19日 Canon PowerShot G9X MarkII >


  1. 2022/06/22(水) 17:08:29|
  2. ちょっとおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日比谷公園 ユリ花壇

IMG_7961a.jpg

日比谷公園霞門近くには、
ユリの花壇があります。

この日は朝9時前に入ったので、
前夜の雨のしずくが残り、
なかなかきれいでした。

IMG_7970b.jpg

IMG_7980c.jpg

IMG_7964d.jpg

IMG_7988e.jpg

IMG_7982g.jpg

大輪のカサブランカ↑は遅咲き、
大トリって感じかな。
立派な蕾がたくさん付いていました。

IMG_7966h.jpg

ユリの株の間にはヤブミョウガも。

ヤブミョウガは、暑さ疲れする頃の花と
いう印象でしたが、早いな!日比谷公園。


ところで、ユリの花壇の近くで
やたらに大きな蜂を見ました。
色としてはスズメバチのような。

でも都会の蜂は人慣れしているのか、
むやみに近寄ってきません。
蜂のほうでふわ~っと遠ざかります。
追いかけなければ大丈夫ではないでしょうか。

人慣れしているといえば、

IMG_8006i.jpg

日比谷公園のスズメは、むやみに近寄ってきます。
スズメバチよりびっくり。

IMG_8012i.jpg

芝刈りロボットお仕事中。
かわいい。


<撮影日; 2022年6月19日 Canon PowerShot G9X MarkII >


  1. 2022/06/21(火) 17:22:41|
  2. ちょっとおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

裏高尾町 渓流スローシャッター

先日の講習で習ったことを
ちゃんと身に入れておこうと
近場の渓流に撮りに来ました。

DSC_0004i.jpg
↑スマホ撮影

八王子市裏高尾町の小下沢(こげさわ)です。

今、林道が通行止めになっていますが、
立入禁止のゲート手前に、
沢に下りられる場所がありました。

これ以降、ちゃんとカメラの撮影↓。

_MG_5617a.jpg

_MG_5621b.jpg

_MG_5657c.jpg

小下沢は苔が多いな、と思いました。
梅雨時は苔の緑がいっそう鮮やかになります。

場所を移して、次は日影沢へ。
高尾山のいろはの森コースが
始まる手前です。

_MG_5704d.jpg

_MG_5690e.jpg

_MG_5712f.jpg

_MG_5722g.jpg

日影沢の写真は時系列に並べてあり、
だんだん上流へ向かっています。

この先、さらにきれいになりそうだけど、
お腹が空いたので帰ることにしました。
あっという間の3時間でした。

_MG_5729h.jpg

道路脇にユキノシタの群生。

小下沢から見た高尾山の北側斜面にも
オオバアサガラ(大葉麻殻)の白い花が、
かなりのボリュームで咲いていました。
遠目なので、たぶんオオバアサガラなのでしょう、ですが。

高尾は植生が豊かなので、
来ればなにかしら新しい出会いがあり、
驚かされます。


<撮影日; 2022年6月11日 EOS 6D MarkII >



  1. 2022/06/15(水) 12:44:14|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥多摩町 奥氷川神社

DSC_0013_9843.jpg

氷川渓谷へ下りていく手前にある
奥氷川神社。

氷川の地名はこの神社に由来するとも。

境内はきれいに掃き清められ、
地域の人から大事にされていることが伝わります。

上の写真の拝殿は明治に入ってからの建立。

まあ普通に見慣れた、
なじめる関東の地味具合。

しかし拝殿の後ろ・・・、

DSC_0015_0ffc.jpg

保護の屋根に囲まれた御本殿は、
派手

こちらは元禄年間に建てられたもの。

上方優勢だった元禄文化、
その流れでこの派手さですね。

江戸時代初期は江戸も派手だった、と。

その後、文化・文政年間に入って
江戸好みの地味さが広がり、
現代までも「ザッツ江戸」として続いています。

拝殿はそちらの嗜好。

つまり奥氷川神社は、
元禄文化と化政文化が
ふたつ仲良く並んでいると。ほおっ!

DSC_0016_255e.jpg

境内に生える氷川の三本杉は
都指定天然記念物。
なかなかこれが、いい存在感で。

奥に見えるぽこんとした山は、愛宕山。

鋸山に登るには、まずあそこに登らないといけないんだな。
うへえええ~~。

鉄道唱歌の「愛宕の山に入り残る」の
愛宕山ではないですよ!

そりゃそうですね。


<撮影日; 2022年6月5日>


  1. 2022/06/09(木) 12:47:49|
  2. ちょっとおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夏の氷川渓谷

さて、このところちょいちょい行っている
奥多摩ですが、今回は撮影講習で。

奥多摩駅から徒歩数分の氷川渓谷、
きれいなところです。

_MG_5512a.jpg

_MG_5524b.jpg

_MG_5545c.jpg

_MG_5574d.jpg

_MG_5611f.jpg

講習というのは、できないことをやらされること(笑)。

三脚を立てるの不慣れで、よいしょよいしょ。

NDフィルター、PLフィルター、適宜付け替えて。
フィルターを付けるということは、
カメラ設定も、えーと?
えーっと、よいしょよいしょ。

思いついたらレンズも替えるから、
河原に道具を広げまくり。

雨でなくて、つくづく良かったなあ。

_MG_5603g.jpg

さて、ここは多摩川と日原川の合流地点です。

こういうところって、増水したら怖いでしょうね。
キャンプもバーベキューも禁止だそう。

それもむべなるかな。


<撮影日; 2022年6月5日 EOS 6D MarkII >

  1. 2022/06/08(水) 12:52:48|
  2. ちょっとおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀座並木通り シナノキの花

IMG_7911a.jpg

歩行者天国の銀座通り。

2018年に植樹されたカツラの木が、
だいぶ様になってきました

・・・のを見ながら、もう少し有楽町方向へ進みます。

花はもう咲いたかな?

IMG_7922b.jpg

並木通りのシナノキです。
こんもりと花を付けていました。

IMG_7915c.jpg

IMG_7917d.jpg

並木通りは一番のお気に入り。
銀座を横方向()に移動するときは、ここを歩きます。

) 縦か?斜めかッ?
つまり丁目の数字が変わって行く方向。

IMG_7936e.jpg

アスファルトの反射が葉の裏を照らしています。
レフ板みたい。
これは都会の見え方だなあ。

IMG_7939f.jpg

シナノキの花の香りも漂っています。

でもマスク生活だと、感じ取れませんね。


<撮影日; 2022年5月29日 Canon PowerShot G9X MarkII >

それにしても写真を撮るのが
きつい日差しになってきました。

シナノキも、実はもうちょっと柔らかい光で撮りたい花。

この季節、曇りや雨が多いのは天恵です。


  1. 2022/06/02(木) 17:16:49|
  2. 季節のたより
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大岳山 5月の花

今回登った大岳山でも、
たくさんの花に出会えました。

ほとんどが知らない花でしたが、
ツイッターでフォローしている人に教えてもらったり、
たまたまタイムラインを流れてきたりで、
すべて判明できました。うれしい(^▽^)。

IMG_7777a.jpg
ガクウツギ

歩き始めた林道脇の崖のあちこちに
見事に咲いていました。

IMG_7827b.jpg
クワガタソウ

IMG_7889c.jpg
ヤマツツジ

IMG_7894d.jpg
ヤマタツナミソウ

IMG_7816e.jpg
黄色い花は、ヒメレンゲ。

岩のくぼみの少しだけ溜まった土に、
異種の草が共存しています。
日本の生け花は、こういう姿がお手本になっているのかな。

IMG_7839f.jpg

↑これから咲くバイケイソウ。

あと、林道沿いのブロック壁に
イワタバコの芽がだいぶ出ていました。
咲いたらかなり見ごたえのある量です。

また大岳鍾乳洞のルートは
沢沿いをずっと歩くので、
もしかしたらミゾホオズキも見られるかも。

咲くころに合わせて、行ってみたいなー。


そして今回つながった木。

↓こちらは高尾梅郷に梅を見に行った時の写真です。

_MG_4890g.jpg
フサザクラ

花が咲いているときは、
枯れ色の山の一部が
ポーッと赤く色づいて見えます。

知らないなー、と思っていた木でした。

IMG_7784h.jpg

ところがこちら↑

新しい葉だけが赤い、かわいい木。
これがフサザクラだったのですよ。

なんだ、これだったのかー!
雑木林にわりとぽつぽつあります。

葉を見ると、サクラと名づくものの
バラ科ではないとはっきりわかりますね。
フサザクラ科フサザクラ属、ふむふむ。


<撮影日; 2022/5/22>




  1. 2022/05/31(火) 13:04:23|
  2. トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大岳鍾乳洞→大岳山→御岳山

雨上がりの5月22日、
大岳山を登ってきました。

IMG_7771a.jpg
8:44

歩き始めは大岳鍾乳洞入口バス停。

ここからは2つの登山道があります。
サルギ尾根ルートと鍾乳洞ルート。

満席のバスを降りたほとんどの人は、
サルギ尾根のほうへ行きました。
そっか、そっちがいいのかな。

IMG_7808b.jpg
9:58 大滝

大滝のすぐ手前までは舗装道路です。
ここまでは山の装備でなくてもOK。

手前に大滝か大岳山かと分かれた
標識がありますが、滝ルートを選んでも
滝の先で登山道に合流します。

なんだ、滝から来られる道があったんだ、と
私は滝を見に少し戻りました。

IMG_7829c.jpg
10:39

道は良く整備されていました。

IMG_7841d.jpg
11:15

植林の急坂を登って尾根道へ。
この、先が明るく見えるのっていい気分です。
尾根まで上がれば楽になると予想もできるし。

ところで、

IMG_7648e.jpg

↑この写真は三頭山から見た大岳山。

2つ上の写真の場所は、山頂の右側の
平らなところなんだろう、と思います。

そして、山頂がぴょこんと飛び出ている山なので、
最後に急登となります。

IMG_7857f.jpg
11:54

だいたいこんな道を20分間。
途中、散り敷くシロヤシオがきれいでした。

でもなにしろ急登の途中、
「ひゃ~、ヒロヒャヒオらあ~~!」
てな感じで、手ぶれ写真しか撮れませんでしたけどね。

IMG_7859g.jpg
12:00

山頂到着。

大岳鍾乳洞ルートに人はほとんど
いなかったけど、山頂は混雑でした!
御岳山側から登ってくる人が多いみたい。

5月は休憩しても寒くならない
いい季節なので、30分ものんびりしました。
では下りましょう。

IMG_7871h.jpg
12:37

下りてきた道を振り返ったところ。
下りもしばらく急坂です。

IMG_7880i.jpg
12:51

大岳神社の分岐を過ぎると、
しばらく通行注意な箇所がありました。

滑落注意の看板が何枚もあったので、
大きな事故があったのかもしれません。

IMG_7886j.jpg
13:05

岩々ゾーンを過ぎると、あとは
御岳山らしいなだらかな道になります。

IMG_7901k.jpg
14:01

そしておなじみの御岳神社参道へ。

この先、ケーブルカーの駅まで、
全部で5時間45分(休憩含む)の山歩きでした。


大岳山はとてもいい山でしたが、
最後の御岳山の混雑には閉口しました。

次に登るときは、違うルートで
里に下りようと思います。


<撮影日; 2022年5月22日>




  1. 2022/05/25(水) 17:30:08|
  2. トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメの付かないオドリコソウ@野川公園

現在、EOS学園の
「近郊で楽しむネイチャーフォト講座 いだよう(先生)教室」
を受講しています。

今回の撮影実習は、
都立野川公園自然観察園にて。

春が去り、始まりかけた夏を感じる花々を撮りました。

_MG_5371a.jpg

ところで、お恥ずかしながら、
ヒメの付かないオドリコソウを
ここで初めて知りました、見ました。

_MG_5366b.jpg

咲いている場所を見渡すとこんな感じ。
ヒメオドリコソウよりぐんと大きな花です。

_MG_5384c.jpg

ちょっと作品ぽく。


他にも目に付いた花↓

_MG_5430d.jpg
ヤブジラミ

_MG_5433e.jpg
コゴメウツギ

_MG_5472f.jpg
キハナショウブ


都立野川公園 自然観察園
東京都三鷹市大沢6-4-1


撮影日: 2022年5月8日 
EOS 6D MarkII に EOS学園から借りた EF100mm F2.8L macro is usm をくっつけて。


高級な道具って、使う側にも
ハイレベルな技術を求めますな。
けっこう難しかったです。
でも難しさが充実感に繋がります。
いいレンズだあ~。

  1. 2022/05/17(火) 17:16:29|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ごあいさつ

hitomi

Author:hitomi
ご来訪ありがとうございます。
週末おでかけ記録が中心のシンプルな個人ブログです。
ステルス・マーケティング等は一切なく、またアクセス解析もしていませんので、どうぞごゆっくり見ていってください。

ブログ内検索

管理者用

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

日々随想 (272)
旅行記 (256)
ちょっとおでかけ (524)
トレッキング (69)
ソーイング (23)
季節のたより (124)
おいしいもの (109)
まちだの話題 (37)
読んだ本 (18)
フィジカル (10)
ショッピング (28)
写真 (62)
フラワーレメディ (27)
未分類 (0)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ