FC2ブログ

hitomiのたから箱

日々の出会いのうち、素敵なお気に入りを入れた宝箱。

大山登山 女坂で下社まで

前回は、女坂を選んで
歩きはじめたところまででした。

IMG_4528.jpg

こま参道を過ぎ、
ケーブルカー乗り場を横目で見過ごし、
山道に入ります。

IMG_4530.jpg

IMG_4531.jpg

女坂にはお地蔵さんが多く見られました。

IMG_4533.jpg

IMG_4537.jpg
爪切り地蔵

IMG_4540.jpg

IMG_4544.jpg

IMG_4545.jpg
龍神堂

IMG_4547.jpg

ここでやっと半分、
ケーブルカーの駅1つ分登ってきました。

大山寺は素晴らしいお寺なので、
また別の回に。

IMG_4562.jpg

木の根っこが抱いている岩を
くり抜いて、

IMG_4560.jpg

中には小さなお地蔵様。
(割れていたけれど)

女坂にある一つ一つのお地蔵様、
深い思いが込められているのでしょうね。

IMG_4563b.jpg

登るごとに、傾斜は徐々にきつくなり、
この辺りからひたすら階段を上ります。

IMG_4566.jpg

ケーブルカーのトンネルの上を通り、

IMG_4572.jpg

IMG_4574.jpg

やっと茶屋のところへ到着。
この達成感がたまらない~!

首に巻いていた手ぬぐいも、
ワークマンの速乾素材の長袖シャツも
汗でびっしょびしょになりました。


このところ、ろくに運動していなかったため、
次の日にはバッキバキの筋肉痛になりましたが、
おかげさまでプリケツゲット(≧▽≦)ノ"

プリケツは無料!どころか、
ケーブルカー代630円を倹約すると
もれなく手に入ります。
素晴らしいじゃないですか~。


登りきった気持ち良さに味をしめた。
次回は男坂を登ってみよう!

スポンサーサイト
  1. 2018/08/14(火) 17:19:26|
  2. ちょっとおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大山こま参道

8月11日山の日、
伊勢原市の大山に行き、
ヨガイベントに参加しました。

当初はケーブルカーで上るつもりでしたが、
山に来ると足で登りたくなるもので、
そんな行程のレポートです。

小田急線伊勢原駅下車、
北口4番乗り場から
「大山ケーブル」行きに乗ります。

IMG_4512.jpg

バスを降りたら、まず登り坂。

IMG_4516.jpg

そして326段の階段が続く、こま参道。
土産物店や宿坊が並ぶ
にぎやかな通りです。

IMG_4517.jpg

もうこの辺りで、相当暑い
半分を「もう少し」とは言わないと思うよ!

IMG_4519.jpg

ハイキングコースの案内看板が見えたら、
ケーブルカー乗り場はすぐそこ。
ここまででけっこう汗だくです。

ここまでがんばったんだから、
このままがんばろう、と思うよね!
(え?思わない?)

IMG_4522.jpg

ケーブルカーに乗るか否かの選択の次は、
男坂で行くか、女坂で行くかの選択。

IMG_4524.jpg

居合わせた人達にならって、
この祠の前で、登山の準備をしました。

IMG_4523.jpg

これが男坂の始まり。
むむむぅー、急坂である。

IMG_4525.jpg

周りにいた、ちゃんと山の格好をした人たちが
みんな女坂に行ったのもあり、
女坂を選択しました。

ただここも、緩そうな顔してるのは
最初だけでねえ・・・。
(次回につづく)

ところで、8月11日~15日は
「2018光の競演~夜景と絵とうろう」
が開催されています。

IMG_4657.jpg

普段は17:00で終わってしまうケーブルカーが、
イベント期間中は20:30まで運行。

IMG_4645.jpg

下社の場所で標高700m。
関東平野がきれいに見えます。

IMG_4641_20180813100845492.jpg

夜景もきっときれいでしょうね。

お時間がある方、ぜひどうぞ。
晴れた日が良いですね。



  1. 2018/08/13(月) 11:02:26|
  2. ちょっとおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三伏の候に

三伏の候、皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

と、使われる三伏(さんぷく)。

今年初めて知った言葉なのー。

三伏は、夏至の後、
3・4・5番目の庚(かのえ)の日。

最も暑さの厳しいときなので、
旅行や引っ越しといった、体に負担の
かかることは止めましょうという期間。

陰陽五行説の言葉でして、
そう、東洋医学の考えは、
「苦しいことはしない」。

ヨガもそう、
「痛いまでやらない」。

そういう文化が入りながら、
なぜ日本は、
「苦しさに打ち勝ってこそ人格が磨かれる」
とされているんだろうか?

と、ここ10年以上疑問だったのが、
前回書いたしょうけい館で(確か)、
そう言った人がわかったのでした。

IMG_4037.jpg

勝海舟!
(写真は墨田区役所近くの銅像)

とはいえ、この人が全く新しいことを
言ったわけではなく、
皆が思っていることを、もっともらしく
まとめただけのことでしょうけど。

「苦しい経験は人格を磨く」というのは、
下手するとパワハラの言い訳になるから、怖いのです。

生きていて、巡ってくる災難は受け入れる。
その経験は人格を磨くでしょう。

でも、自分から苦を取りに行っちゃいけないし、
(やりたくないことを我慢してやるとか)
ましてや人を苦しめるのなど言語道断。

日本の自殺率の高さと、
この間違った認識と、関係あるのではないか?
とすら思っているのです。


話しは三伏に戻って、この期間は、
こっちとそっち、どっちを選ぼうと迷ったら
判断基準は、楽なほう。

だから、猛暑の今年の夏、
出かけないのがなにより養生。

そんなわけで、ブログネタが枯渇しておりまーす。

終わる日がイマイチよくわからないんだけど、
今年は8月15日か16日か17日らしい。
気を付けるのも来週いっぱいだね。


  1. 2018/08/09(木) 17:35:28|
  2. 日々随想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しょうけい館・昭和館・平和祈念展示資料館

180804 (5)

7月18日~9月9日まで開催されている
企画展に興味があって、
九段下にあるしょうけい館に行きました。

現在、標題の3館でスタンプラリーが
行われていて、3館集めると賞品が。

それが、
LEDライト付ボールペンとか、
帆布のトートバッグとか、
一筆箋とか、
クリアホルダーとか、
けっこう豪華!
賞品欲しさに3館回りました(^ ^*)。

180804 (9)

昭和館の防空壕体験。
木のベンチが爆音と共に揺れるんです。
ジオラマですら、雷の3倍くらい怖い(´~`;)。

180804 (12)

平和祈念展示資料館のシベリア抑留者の暮らし。
黒パンを分けてます。

180804 (13)

同上、海外からの引揚者。
子どもたちが喜んでいるのは、
船に乗ったら、米飯・味噌汁・たくあんという
「ごちそう」が出たから。
こういう小さなリアルが、心にズシッと来ませんか。
私は来るなあ。

この子どもたちは、私の両親の年代です。
日本に帰ってきたら、また
差別という苦しみがあったみたい。

180804 (15)

しょうけい館は撮影不可ですが、
野戦病院のジオラマは
迫力がありました。
前に立つと、右端の男性(治療待ち)と
目が合っちゃうんです。ゾクッ!

180804 (10)

昭和館から外に出ると、
お堀にいっぱい蓮の花。
ああ、平和だなぁ・・・と。

昔の大人たちの言動を思い起こすと、
第二次世界大戦では、
皆が自分のキャパ限界の不幸を背負い、
他人の不幸、苦しみに忖度できない
心理状態だったのでは、と想像します。

今は70余年の時を経て、
美化するでなく、
忌み嫌うでもなく、
様々な経験者の視点から考えてみる、
それができる時代になったと感じます。

来館者は子ども連れの親御さんや、
学生さんといった若い人が多く、
ライトな雰囲気でした。

「何も知らない戦後生まれ」が
戦争について知ろうとしても、
もう誰からも怒られない
平成30年の夏です。


しょうけい館 戦傷病者資料館: 千代田区九段南1-5-13 入場無料
昭和館: 千代田区九段南1-6-1 http://www.showakan.go.jp/ 常設展示のみ有料
平和祈念展示資料館: 新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル33階 入館無料


  1. 2018/08/07(火) 17:35:20|
  2. ちょっとおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

咲かないタニウツギ

6月に八甲田に行ったとき、
タニウツギが花盛りでした。

IMG_3831.jpg
(↑撮影は2018年6月10日 八甲田ロープウェイバス停付近にて)

この写真を見ていると、
涼しかったこのときを思い出します。
清涼剤。

タニウツギは青森に行くようになって、
初めて知りました。
寒冷地の花なのでしょう。

実は、うちの近くにも
そっくりな花があります。

taniu.jpg

公共施設の敷地に
植えられたもの。

たぶんタニウツギなんだろうなー。

これが気の毒なくらい、
花が咲かないし、
何年たってもちっとも大きくなりません。

あっつい所へ連れてこられて、
困ってるのかなー。

でもこんな感じで、
がんばりつづけてます。
健気である。

がんばれ~。
冷夏の年が来たらパーッと咲きな!


  1. 2018/08/02(木) 17:17:55|
  2. 日々随想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じゃこの梅ふりかけ

ume_20180730105355744.jpg

じゃこの梅ふりかけ

まずは材料を調達。
じゃこはアメ横で、
刻み梅は小田原で。

<じゃこ>
アメ横で一盛り500円のわかめを買って、
千円札を出すと、

「おねえさんどう?そこのじゃこ(600円)、
500円にしとくけど」

前回、こういう提案に
「いらない」
と無粋な対応をし、帰ってきてから
反省したので、今回は

「えへへー(^ ^;)、じゃその、一番細かいのを」

おじさんには
「ありがとうねえ」
と心のこもったお礼をされたけど、
流されてお金を使うってえのも、
これまた若干の自責の念。

でもそのじゃこがね、とても
おいしいじゃこだったのよ!
スーパーで売ってるのとは、
格が違うって味。

流されてこそラッキーか。そうか。


<刻みカリカリ梅>
小田原駅の小田急線改札正面、
真っ正面はコンビニだけど、
ちょっと左寄りのお向かい。
土産物屋さんです。
冷蔵ショーケースにあります。

ま、買うわけです。


<作り方>
1.だしの素を溶いた水を沸騰させる。(水はじゃこひたひたぐらいの量)
2.じゃこを入れて、水気がなくなるまで煮る。
3.荒熱が取れたら、刻み梅を混ぜる。
4.お好みで白ごまパラパラ。

出来合いのふりかけを
買うより、うーんと安いので、
せっせと作ります!


ちなみに、写真奥のきゅうりは、
福島の三五八漬けの素
漬けたきゅうりです。
気候が暖かいのでよく漬かります。


さて、小田原繋がりで、

IMG_4020.jpg

産地によってずいぶん違うものだ梅干し。

私は、一番近くの名産地、
小田原のが好きだと、
やっと頭が認識しました。

写真は、右が小田原の。
左は、某県アンテナショップで買ったもの。

漬けこみ材料は、
小田原は塩だけ、
某県は塩と紫蘇。

値段は小田原の方が圧倒的に安いです。

その雪国の某県、
梅の実を追熟させないで
漬けるのではないかな。
そんなことを感じさせる味でした。






  1. 2018/07/31(火) 17:37:00|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スープカレーGARAKU のやわらかチキンレッグカレー

180729 (6)

GARAKUさん、再訪です。

前回は野菜カレーを食べましたが、
ある人に言わせると、
初めての店では、一番安いか
店のイチオシを食べなさいと。

そういうもんですかねー、と
今回はお店イチオシ、
やわらかチキンレッグカレー(990円)です。

180729 (1)

180729 (2)

ライスは200gで、
トッピングに焙りチーズ(110円増し)。
カレーかライス、どちらに
乗せるか選べます。

180729 (3)

柔らかチキンということで、
フォークだけでもさくっと
ほぐれます。
鶏皮は湯葉のように
ほろほろです。

180729 (4)

スープカレーの食べ方は、
いろいろあるようだけど、
私はスプーンですくったライスを
スープにひたす派。

ん~、チーズトッピング、うまー(≧▽≦)

180729 (5)

ごちそうさまでした。
やはりお店イチオシは
さすがのおいしさですね!

GARAKU 八王子店
東京都八王子市横山町12-11


前回(2017年3月)の記事では、
お店は札幌と稚内と八王子と那覇だ、
と書きましたが、現在は
那覇がなくなって、東京中野に
できてます。

ん~、やっぱり東京に来たかあ。



  1. 2018/07/30(月) 17:43:43|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治村と三保の松原

ツアー二日目。
前日に熱田神宮を移したため、
明治村は、予定の倍の2時間
滞在になりました。ラッキー。

IMG_4406.jpg

西郷隆盛の弟、
西郷従道邸はガイド案内付きでした。

和室なんてないのよ。
がんばったね。

さて、明治村は日本各地の
建築物が集められていますが、
やっぱり私は東京のものばかり
喜んでいました。

IMG_4415.jpg

旧帝国ホテル。

東武ワールドスクエアで見たとき、
こんなのが日比谷にあったのかと
信じられない気持ちでしたが、
現実の大きさを見ると、
「あ、ありえる」
と納得。

IMG_4418.jpg

こちらのは実物大なので、
中に入れるんです。感動~。

IMG_4424.jpg

これは隅田川の新大橋。
昔はかっこよかったんじゃん!

IMG_4126.jpg
今のはコレ↑
ライトアップされてないと、
平凡な橋です。

以上、炎暑の明治村でした。

IMG_4443.jpg

お次は八丁味噌の工場見学。

味噌蔵に入ると発酵の匂い。
体にいい気がして、思わず
大きく吸い込みますよ。

でもそれは日本人。
ガイジンさんは鼻をつまんで
困っていました。

ワカルー。
私もナンプラー工場なんか行ったら、
たぶん困ると思うわ~。

IMG_4453.jpg

そして天竜川を渡って、

IMG_4458b.jpg

三保の松原へ。

IMG_4466.jpg

30年以上前に来て、今回2度目です。
あまり変わってないです。
高田松原を思うと、
それって有り難い幸せかもね。

IMG_4479.jpg

そして、富士山の全く見えない
富士川を渡りました。

せめてものなぐさめに、
新幹線が通ってくれました ( ̄~ ̄;)。

この後、新富士駅から新幹線に乗車。
首都圏の渋滞回避のプランです。

今回の旅はとにかく、
暑くて
暑くて
暑くて
でも、訪れた先は魅力的なところばかり。
充実していた旅でした。


撮影日 2018年7月15日

  1. 2018/07/25(水) 17:37:47|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行中の食事の件。

IMG_4401.jpg

一日目、自由夕食は
栄にある居酒屋ちょうちん。

ただの勘で入ったのですが、
なかなかおいしいお店でした。

けっこう人気店みたいで、
予約もしないで入れたのは、
タイミングが良かったようです。

DSC_0009_20180724131338dc4.jpg

鹿児島のにごり芋、これおいしかった!

ご当地グルメというお店ではなく、
腕の立つ職人がきちんと作った
穏やかな印象のお料理、
という感じでした。

(こちらのお店、7月22日で
一旦閉店だそうです)

IMG_4402.jpg

ご当地グルメは、朝食バイキングで
いただけました。

愛知は八丁味噌ということで、
全体に茶色いですね。

そう、おいしいものは茶色い、
茶色いものはおいしいのです。

名古屋クラウンホテルというところに
泊まったのですが、朝食バイキングは
どれもおいしかったなあ。
添え書きもなにもないヨーグルトが、
「あれっ?」
ってくらいおいしかったんです。

IMG_4435.jpg

昼食は、2日ともバスの中でお弁当。

食が目的でないから、いいです。

それに、大手旅行会社とタイアップした
ドライブインで、何十年バージョンアップしてないの?
って感じの定食を食べるより、
よほどおいしいですもん。

そういうドライブイン、
接客も悪いしね。



  1. 2018/07/24(火) 17:38:10|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋城 本丸御殿

IMG_4339.jpg

IMG_4344.jpg

IMG_4348b.jpg

ツアーの目玉、閉園後に特別入場の
名古屋城本丸御殿です。

IMG_4352.jpg


IMG_4357.jpg

IMG_4371.jpg

IMG_4376.jpg

IMG_4381.jpg

IMG_4390.jpg

先月に公開が始まったばかりの
本丸御殿。
首都圏の電車の中にも、
車内広告が出ていますね。

たいへん見ごたえがありました。

赤坂の迎賓館も
素晴らしい職人技ですが、
こちらは和の技術。

復元・模写にしたって、
これができる職人さんたちがいる、
技が受け継がれている、
というところ、
日本すごい!

部屋ごとに趣の違う襖絵は、
どれも素晴らしく、断腸の思いで
上の4枚に絞りました。
ぜひ現地で実物をご覧になってください。


ただ一点要注意。
御殿内は飲食不可。
ということは、水分補給も不可。
その点、ちょっとツラかった(^ ^;)。

行くのなら、涼しくなってからが、
良いと思います。

(撮影日 2018年7月14日)


  1. 2018/07/22(日) 18:57:04|
  2. ちょっとおでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ごあいさつ

hitomi

Author:hitomi
ご来訪ありがとうございます。
週末フォトグラファー(サンデードライバーみたいの)のおでかけ記録が中心のブログです。
この記事いいね!と思ってくださったら、コメントないしは記事下欄のバナーのどれかをポチッとよろしく。

ブログ内検索

管理者用

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

日々随想 (112)
旅行記 (178)
ちょっとおでかけ (288)
季節のたより (88)
おいしいもの (93)
まちだの話題 (25)
写真俳句 (121)
読んだ本 (14)
フィジカル (9)
ショッピング (23)
東京の階段 (3)
写真 (16)
フラワーレメディ (24)
ことばと写真 (8)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ